東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2022-06-12

  • HOME
  • >
  • 三十四、五歳、四十四、五歳、五十歳以降

超訳【風姿花伝】

年齢に応じた練習方法について
三十四、五歳、四十四、五歳、五十歳以降

2011.6.18

 
 
◆三十四、五歳
ハッキリ申し上げて、この年頃が芸のピークです。
 
この年頃までに苦手な部分を一通り克服し、かつ、多くの得意技を身につけることが出来ていたならば、その人の名は既に天下に轟いていることでしょう。
 
逆に言えば、この年頃になっても名がそれほど売れていないようでは、この先も絶対にパッとしないでしょう。
 
さて、「芸のピークを迎えた」といっても、やはり調子に乗って浮かれてはいけません。
 
この年頃になれば、これまで手探りでやってきたことの意味がハッキリと理解できるようになり、あわせてこれから先どうすべきなのかということも見えて然るべきです。
 
もう一度言いますが、この年頃までに芸が完成していなければ、その後は絶対モノになりません。
 
◆四十四、五歳
この年頃になったなら、たとえどれ程の達人となり、その名が天下に轟いていようとも、ピンで押し通すことなく、よい相方を持つようにしましょう。
 
自分ではまだまだ若いつもりでも老いは確実に訪れます。
 
まず身体の俊敏さが失われ、次いで容姿が衰えていきます。
 
そして、残酷なことですが、客はそれに気づいています。
 
いかに若い頃ハンサムだったからといって、年寄りになってもスッピンでいこうとするのは無理があります。
 
悪いことは言いません。舞台にあがるときは面をつけましょう。
 
若いもんに負けじ、とばかりに細かい芸をしようとするのもやめましょう。
 
なぜって? ・・・見苦しいばかりだからですよ。
 
サブパートの相方を立てて、決してでしゃばらず、それでも「花がある」と言われるならば、その人の「花」は本物です。
 
そして、五十近くになるまで「花」を失わずに持ち続けられようであれば、その人は、四十になるまでに必ずや天下の名声を得た人であるハズ。
 
また、それほどの人であれば、老化が自分の芸に与える影響ぐらい知り抜いていて当然です。
 
◆五十歳以降
ハッキリ申し上げますが、この年頃になったなら現役からは引退するべきです。
 
千里を翔る麒麟も、老いては駑馬に劣るというではありませんか・・・
 
しかし、真の役者というものは、声も身振りも容姿もみな衰えて、やれる演目が何もなくなってしまったとしても、なお「花」を保つことができるのです。
 
我が父、観阿弥こと秦清次は五十二歳で亡くなったのですが、その死の2週間前に静岡の浅間神社の舞台にあがりました。
 
そして、あれこれと細かい芸は全部若者たちに譲り、ほとんど何もせずにサラッと出演しただけだったのですが、かえってそれが粋に感じられ、その場に居合わせたものは皆、激しく感動しました。
 
・・・父の持つ「花」に圧倒されたのです。
 
身びいきだと思われるかもしれませんが、私は、これこそが本物の「花」だと思いました。
 
これはたとえば、古い樹木の葉が散り枝が落ち、枯れ木になってしまっても、花だけ散らずに残っているようなものです。
 
「そんなことがあるのか?」と思われるでしょうが、私はこの目で確かにそれを見ました。
 
生涯散ることのない花。
 
それは確かに、あるのです。
 
 

「年齢に応じた練習方法について」  完
  • 以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
  • 画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
  • メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
それでは、どうぞごゆっくり
↓   ↓   ↓

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。

LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。

LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。

LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト主人のぶんのすけも「作家」として登場します。