東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2022-06-12

  • HOME
  • >
  • 4.ダニエル

超訳【旧約の預言者たち】

4.ダニエル

2004.10.18 「ダニエル書」 読書ノート


確か、旧約にはイザヤ、エレミヤ、エゼキエルら、三大メジャー預言者の他に、ダニエルさんとかもいたよなぁ、でも本がないなぁ、と思い、聖書の原典にあたってみたらいました。ダニエルさん。

20pしかありませんでした。そりゃ、いくら岩波でも一冊にできないって・・・

順番的にはエゼキエルさんの直後ぐらいで、バビロンの王ネブカドネツァル(発音しにくい・・・)が、ユダ国に侵攻し、制圧した時の話のようです。

ネブカドネツァル王は、それなりに分別のある人だったようで、捕まえてきたユダ族のなかでも、容姿端麗で、才能豊かなものは、それなりに処遇しました。

で、その中でも抜きん出ていたのが、ダニエル、ハナンヤ、ミシャエル、アザルヤの4名で、特にダニエルは、どのような夢や幻をも解くという、「フロイトの先駆け」みたいな能力を持っていたため、一目置かれていました。
(上記の4人は、(問答などにおいても)ネブカドネツァル王に仕えている占い師や祈祷師の10倍は優れていたとのことです)

で、うまくいっていたのですが、ある日ネブカドネツァル王は何度か夢を見て不安になります。

国中の占い師や賢者を呼び出して、自分の見た夢を告げずに、意味を解釈するよう求めます。

んな無茶な・・・ということで皆困っていると、王は激怒し、国中の知者を皆殺しにするように命じました。

殺されては適わないので、ダニエルさん、「神」(恐らくYHWH?)に預言を授かり、見事に王の見た夢と、その意味を解釈して見せます。で、王様は恐れ入って、ダニエルさんを知者の長官に任命するとともに、バビロン全州を治めさせたそうです。

・・・なんだか、前出のエレミアさんが気の毒になるほどの幸せぶり・・・

まぁ、万事その調子なのですが、「ユダヤ人のくせにバビロン州を治めている」のが気にくわなかったカルデア人が、王に讒言をはかります。「王様の命じた神に仕えていないユダヤ人3人がいる」と。

で、例によって激怒した王は、普段より7倍も熱く燃やした炉に3人を放り込みます。(あまりの熱さに、3人を放り込みに行った者たちまで焼け死んだそうです・・・)

ところが、3人は、まったく焼かれることなく自由に炉の中を歩き回り、出てきた時も、火のにおいすらしていなかったとのこと。王はすっかり恐れ入り、その3人を更に高いくらいにつけたとのこと。

まだまだありますが、どれもこれも、如何にダニエルが優秀だったかという話ばかり。
(というより、王様が理解のある人物だったのですね)

非常に不敬な感想ですが、ちょっと「抹香くさ」すぎます。

言葉を変えるなら、ダニエルさんの人間味が感じられません・・・

  • 以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
  • 画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
  • メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
それでは、どうぞごゆっくり
↓   ↓   ↓

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。

LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。

LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。

LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト主人のぶんのすけも「作家」として登場します。