東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2022-06-12

  • HOME
  • >
  • 3-2 料理の極意

超訳【荘子】

3-2 料理の極意

2012.11.23

内篇 養生主3-2

今から2400年ぐらい昔、魏の国の王であった文恵君は肉料理が食べたくなって、当代随一といわれた料理人の丁さんを呼び寄せた。
丁さんが牛まるごと一頭を解体するところから始めるというので台所まで見学にいった文恵君は、そのあまりの手際のよさに驚愕した。
その手さばきはリズミカルで、調理が進むたびに道具や食材がたてる音はまるで壮大なオーケストラのごとく、そのきびきびとした立ち居振る舞いはまるで一流のダンサーのごとくであった。
感歎した文恵君は、思わず丁さんに声をかける。
「丁さん、みごと! たかが料理と思っていたが、これはもはや「技術」を超えて「芸術」の域に達しているではないか!」
丁さんはそれを聞くと作業を中断して振り向き、こう言った。
「ほう、アンタ、多少はものがわかるようだな。確かにオレ様の料理の腕前は、もはや「技術」などというチンケな言葉では表現できないものだ。これが「芸術」なのかどうかはよくわからないが、オレ様がいつも目指しているのは「道」、つまり「インナースペース」と「アウタースペース」の調和だ。この道二十有余年、ようやく納得できる仕上がりになってきたところさ!」
文恵君は唸った。
「凄い! まさか料理人に人生の極意を聞かされることになろうとは!・・・」


原文

庖丁為文惠君解牛。
手之所觸、肩之所倚、足之所履、膝之所踦、砉然嚮然、奏刀騞然、莫不中音、合於桑林之舞、乃中經首之會。
文惠君曰、「譆!善哉!技蓋至此乎?」
庖丁釋刀對曰、「臣之所好者道也、進乎技矣。始臣之解牛之時、所見无非牛者。三年之後、未嘗見全牛也。方今之時、臣以神遇、而不以目視。官知止而神欲行。依乎天理、批大郤、導大窾、因其固然。技經肯綮之未嘗。而況大軱乎!良庖歲更刀割也、族庖月更刀折也。今臣之刀十九年矣、所解數千牛矣。而刀刃若新發於硎。彼節者有間、而刀刃者无厚。以无厚入有間、恢恢乎其於遊刃必有餘地矣。是以十九年而刀刃若新發於硎。雖然、每至於族、吾見其難為、怵然為戒、視為止、行為遲、動刀甚微。謋然已解、如土委地。提刀而立、為之四顧、為之躊躇滿志、善刀而藏之。」
文惠君曰、「善哉!吾聞庖丁之言、得養生焉。」

  • 以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
  • 画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
  • メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
それでは、どうぞごゆっくり
↓   ↓   ↓

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。

LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。

LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。

LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト主人のぶんのすけも「作家」として登場します。