東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2022-06-12

  • HOME
  • >
  • 誰からも好かれる姿を持つ者

超訳【法華経】

誰からも好かれる姿を持つ者

2008.3.24


遠い昔、「一切衆生喜見」(誰からも好かれる外観)という名の菩薩が出現し、死ぬほどハードな修行の後、遂にある境地(能力)を獲得しました。
その境地(能力)こそ、名づけて「現一切色身(ありとあらゆるものに変身できる)三昧」と呼ばれるミラクルパワーだったのです。
そして彼は、こう思いました。
「私がこの境地に至ることができたのも、仏様のおかげである。
そうだ、お礼をしなくっちゃ!」
というわけで、超能力を振り絞って色々なものに変身したのですが、彼は特に「香(匂い)」の変化を得意技としていて、「数グラムでこの世と同じ価値がある」というぐらい極端に高価なお香の匂いも惜しげもなく再現してみせました。
で、能力の限りを尽くした挙句、こんなことを考えます。
「ダメだ! こんなんじゃ全然ダメだ!!
足りない! 全然足りない!!
もっと・・・ もっともっと、もっともっともっとヤレるハズだ!
そうだ、あの方法があるぞ!!」
そして彼は行動を起こし、良い香のする樹脂(香木など)を手当たり次第にムシャムシャと食べ始めました。
さらに香油の類をガブガブと飲みまくること12年。
遂には頭から香油をかぶって全身テカテカになったところで、なんと自分に火をつけました。
まばゆい光に包まれて大燃焼する彼の全身。
彼はその後1200年間も燃え続け、燃え尽きると同時に日月浄明徳という仏が治めている国の王様の家に転生しました。
結跏趺坐した状態で生れ落ちた彼は、開口一番こう言いました。
「父さん、母さん、私は大変な苦労と努力の結果、ようやく日月浄明徳仏のいる世界にくることができました。
・・・というわけで、行ってきます!!」
唖然とする親を尻目に、仏様のところに直行する生まれたての彼。
日月浄明徳仏のところに速攻で到達した彼は、仏様をひと目見るなり、こう声をかけました。
「おやおや、仏さま、まだ生きていたんですか!」
そして日月浄明徳仏は、次のように即答したのです。
「おお、来たか! 布団をしいておくれよ。 今晩死ぬからさ!」

  • 以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
  • 画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
  • メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
それでは、どうぞごゆっくり
↓   ↓   ↓

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。

LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。

LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。

LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト主人のぶんのすけも「作家」として登場します。